現場現場での作業服は、デザイン性も大事ですがやはりなんといっても仕事がスムーズに出来るような機能性が不可欠です。狭い所で作業することも多いと思いますので、特に作業服のズボンに関しては動きやすいと同時にポケットの数や場所などが機能的であることも重要です。またどんな場所にポケットがあると良いかはその作業内容によっても違ってきますので、やはり自分の仕事に適した作業服を選ぶのは大切なことです。実際のところ作業に適した作業服を着ているかどうかは、仕事の効率だけでなく安全性にも大きく関係しています。多くの作業服、特にズボンは作業現場で不必要にものに引っかからないようにできていたり、逆に足場での作業等に関してはいざという時に引っかかってくれるようにできていたりと、よく考えられて設計されています。

最近では作業服でも真夏の汗対策で速乾性の素材が使われていたり、冬の寒い時期に備えて効率よく温めてくれる防寒服があったりと、最新の技術が取り入れられて質の高い作業服が作られています。一般的に作業服と言うと汚れても良い服という意味で使われることもありますが、本当によく考えられて作られた作業服は他にも作業に適した機能が備えられています。例えば静電加工されたズボンなどがその一例です。このように作業内容や作業者の好みによって色々と選ぶことができます。そこに最近のファッショナブルなデザインが加味されることによってさらに選択の幅が広がっています。